世田谷・目黒で相続手続き・相続対策のご相談ならまるごとおまかせください!

世田谷・目黒相続手続き相談室

運営事務所:司法書士法人東京横浜事務所
東京都渋谷区渋谷2-10-15 エキスパートオフィス渋谷

お電話でのお問合せはこちら(通話料無料)
0120-546-069
受付時間

平日9:00~19:00

事前予約で土日祝の面談も可能です

遺言書の形式は3つ・メリットデメリットを徹底比較!

3種類の遺言の形式

遺言の形式は3種類あります

遺言の形式は3種類

遺言(ゆいごん、いごん)とは、のこされた遺族が遺産を巡って争うことのないように遺産の分配を定めるととともに、故人の最後の想いを伝えるものです。

相続については、基本的に亡くなった方(被相続人)の意思が優先されるため、遺言書に書かれた事項は、法律で定められた相続についての決まり(法定相続人、法定相続人)や、相続人同士での遺産分割協議よりも強い力を持つのです。

ただし遺言書には法律で定められた明確な形式があり、その形式から外れた遺言は、遺言としての効力が認められないこともあります。せっかく書いた遺言書が無効とならないよう、遺言書の形式について知っておきましょう。

緊急時を除いた、通常時に認められる遺言書の形式として以下の3つがあります。

自筆証書遺言

文字通り紙とペンを使って自書して、押印する方法。

自分一人ででき、費用もかからず、もっとも簡単だが、少しでも間違っていると遺言としての効力が認められないため、専門家に相談しない場合は注意が必要。

紛失や改ざんの恐れがあるため保管場所にも気を付けなくてはならない。

遺言者の死亡後に『検認』という手続きが必要。

遺言書の形式(1)ー自筆証書遺言とはー

公正証書遺言

公証役場の公証人によって作成する方法。

遺言内容に間違いがないか、公証人の他に名の証人の立ち合いが必要なため、遺言内容を完全に秘密にすることはできない。

費用はかかるが、公証人が関与するので確実に有効な遺言をのこせる上、公証役場に原本が保存されるので改ざんや紛失の恐れもない。

また、他のつと違い遺言書の『検認』という手続きも不要なため、もっともお勧めできる方法。

遺言書の形式(2)ー公正証書遺言とはー

秘密証書遺言

公証役場に封をした遺言書を持参して証人立会いのもと公証してもらう方法。

封をした状態で公証してもらうので、遺言の内容を秘密にしたままにできる。

遺言書をのこした事実は記録されるが、原本は自分で保管しなければならない。

遺言の内容には公証人は関与しないため、遺言として無効な場合もある。

遺言者の死亡後に検認手続きが必要。

実際にはほとんど利用されていない。

遺言書の形式(3)ー秘密証書遺言とはー

おすすめは公正証書遺言

つのうちどれを選ぶべきかと言えば、やはり公正証書遺言です。

費用はかかりますが、遺言内容に公証人が関与するため確実に有効な遺言がのこせますし、改ざん等の恐れもないため安心です。

自筆証書遺言は遺言としての有効性に不安が残りますので、専門家に相談の上で作成した方がいいかもしれません。

秘密証書遺言に至っては、自筆証書遺言を作成した上で、信頼できる知人や専門家に保管を依頼すれば済む話なので、選択するとすれば、どうしても秘密にしたいけど全文の自筆は難しい場合ぐらいでしょうか(秘密証書遺言は署名以外の遺言本文はワ-プロ作成可)。

種類の遺言の比較
■3種類の遺言形式比較図

3種類の遺言形式比較図(クリックで画像が拡大します)

■3種類の遺言形式比較表

 

自筆証書遺言

公正証書遺言

秘密証書遺言

確実性

○(公証人が内容に関与するため確実)

守秘性

△(公証人と証人には内容を知られてしまう)

証人

不要

2名必要

2名必要

保管

自分で

原本は公証役場で

謄本は自分で

自分で

※遺言をのこした事実は公証役場に記録される

費用

無料

公証人の手数料(財産の価額による)+証人への支払い

公証人の手数料(11000円)+証人への支払い

家庭裁判所の検認

必要

不要

必要

備考

必ず自筆(ワープロ不可)

一番確実かつ安全

署名以外はワープロ可

3種類の遺言それぞれについて詳しくはこちらをご覧ください

遺言書の形式(1)ー自筆証書遺言とはー

遺言書の形式(2)ー公正証書遺言とはー

遺言書の形式(3)ー秘密証書遺言とはー

 

遺言書の作成についてのご相談は当事務所で承ります。ご依頼を検討中の方のご相談は無料です。

無料相談・お問い合わせはこちら

無料面談予約はこちら

記事の内容や相続手続の方法、法的判断が必要な事項に関するご質問については、慎重な判断が必要なため、お問い合わせのお電話やメールではお答えできない場合がございます。専門家のサポートが必要な方は無料相談をご予約下さい。

代表

司法書士 田中暢夫(たなか のぶお)

年間100件以上の相続のご相談・ご依頼に対応している相続専門の司法書士。ミュージシャンを目指して上京したのに、何故か司法書士になっていた。

誰にでも起こりうる“相続”でお悩みの方の力になりたいと、日々記事を書いたり、ご相談を受けたりしています。

九州男児で日本酒が好きですが、あまり強くはないです。

保有資格
  • 東京司法書士会 登録番号 第6998号
  • 簡裁訴訟代理認定司法書士 認定番号 第1401130号

無料相談・お問合せはこちら

女性オペレーター01

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談は、お電話またはメールフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

面談による無料相談は土日祝日や夜間も対応可能です (事前にご予約をお願いします)。

受付時間

平日9:00~19:00

事前予約で土日祝の面談も可能です

お電話でのご相談は、営業時間内であれば受け付けています。 営業時間中に留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。折り返しこちらからご連絡いたします。

お電話でのお問合せはこちら(通話料無料)

0120-546-069

Menu

サイト内検索

知りたい情報を入力してください。例:「遺産分割」「遺言」

サービスのご案内

インフォメーション

お問合せ・ご相談
0120-546-069
03-4243-3764

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

平日  9:00~19:00

定休日

土曜・日曜・祝日・年末年始

面談による無料相談は土日祝日や夜間も対応可能 (事前にご予約をお願いします。)

お電話でのご相談は、営業時間内であれば受け付けています。

営業時間中に留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。折り返しこちらからご連絡いたします。

アクセス

150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-15 エキスパートオフィス渋谷

ごあいさつ

代表顔写真
代表司法書士 田中暢夫
資格
  • 東京司法書士会 登録番号 第6998号
  • 簡裁訴訟代理認定司法書士 認定番号 第1401130号

一人でも多くの方の相続についてのお悩みを解消するために日々努めています。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

サイト内検索

知りたい情報を入力してください。例:「遺産分割」「遺言」